「流暢な英語」への夢は捨てよう

英語力は、年収を決めるとても大事なファクターです。その理由についてはこちらの記事で述べましたが、簡単に言うと、できる人が少ない(供給が小さい)一方で、求める企業は多い(需要が大きい)からに尽きます。なぜ少ないのかも同じ記事で述べていますが、教育のシステムにより、「間違いは悪」だと教え込まれることにより、間違いを恐れて英語が恐怖の対象になっている人が多いためです。

皆様、孫正義さんをご存知でしょうか。さすがに知らないという方はいないかと思いますがソフトバンクグループのトップで、日本を代表する経営者でもあります。彼は、グローバル企業を買収したり、グローバル規模でも目立ったファンドを立ち上げたりと、当たり前のようにグローバルで活躍しています。iPhoneを日本に連れてきたのは孫さんの力といっても過言ではありません。

そのようにグローバルに活躍する孫さんですが、彼の英語を聞いたことはありますでしょうか。聞いてみるとわかるのですが、「ネイティブを圧倒するような流暢な英語」ではないことがわかります。つまり、これをポジティブに解釈すると、別に英語が流暢でなくてもビジネスの世界で十分にやっていける、ということです。

さて、ここまで「やる理由」と「(イメージ対比で)やる難易度が低いこと」を話してきましたが、英語力も効率重視で、ダラダラやるのではなく短期間で身に着けて、市場価値を高めていきましょう。次のセクションから、具体的な英会話スクールの利点やスクール紹介を行っていきます。

「やる気」だけでは続くわけがない。環境づくりに金を払おう

今は、このような流暢さを求めるものでなく「ビジネスで使える実践的な英語力」が身に着けられることを売りにした英会話スクールが多くなってきました。中でも「コーチング系英会話教室」は英語力強化に有効です。なぜならば、(特に現在の業務で必要としていない方にとっては)英語は自己啓発の一種であり、できなくても今は死なない、と頭が理解しているからです。

結局「自己紹介」でも書いた通り、英語力は年収アップにダイレクトに効いてくるパラメータになりますので、以下で紹介するコーチング系の英会話スクールにかかる費用は転職・昇進ですぐに回収できます。

もちろん自身でしっかりとモチベーションコントロールできる方は、通う必要はないと思います。ただし、きっとそういった方はすでに英語力は獲得しているものだと思います。今できていないということは、「できなくても今は死なない」から別のことを優先した結果です(これは私を含めた人間の特性だと思って割り切ってください)。

「英語力を身につける」という発想では自己啓発感が出てきてどうしても継続が難しくなる傾向がありますので、「英語力を買う」という発想に変え、購入後は身に着くまで短期的に、そして徹底的に努力をしてください。ダラダラとやるよりも圧倒的に効率が高く、結果的にコストパフォーマンスはよくなるかと思います。

例えば、スマホを使用して2ヶ月間で集中的に英語力をつけるALIGO(アルーゴ)はコース期間の半分にもなる30日間の全額返金保証がついており、安心して登録・英語習得ができますし、1人の受講生に対して3人体制でアセスメントを行ってくれるため、重要視すべき「監視体制(=英語をやらなければいけない環境)」は完備しています。

短期集中で英語力を身に着け、外資系を含めた高年収企業へのキャリアパスを獲得しましょう。

タイトルとURLをコピーしました